ニュージーランド海外移住 節約術

ニュージーランドで海外移住する上でのNZ流節約方法、お小遣い情報・・・その他、海外に居ても稼げるインターネット副業情報をお届けします

ニュージーランドでクーポン その(2)

2009'11.22 (Sun)

This bog is 「ニュージーランド海外移住 節約術」
(姉妹サイト 「実践!ニュージーランド海外移住 PART2」 も宜しく)

初めてこのブログにお越し頂いた方は、是非、右横のカテゴリーよりニュージーランドドル、日本円のそれぞれの内容を順番に見てもらえれば判りやすいと思います。

■今回の記事のカテゴリー:ニュージーランドドル:節約

前回の節約のカテゴリーでレシート裏のクーポンに関して書きましたが、今回はもう少しまとまった形態のクーポンに関してお話しします。
ちなみに前回までは
「ニュージーランドのポイントカード FLY BUY(フライバイ)」
「ニュージーランドでクーポン その(1)」 をご覧ください。

今日本でクーポン雑誌・・・と言えば、まっさきに思いつくのはホットペッパーじゃ無いでしょうか?
多分他にも色々同様の種類のものが出回ってはいるとは思うんですが、一番メジャーなものと言うと同誌が最初に思いつきます。

何を隠そう、僕も日本に帰国した時にはとりあえずホットペッパーを自宅にキープしておくクチです。
だって・・・なんとなく持っておかないと損した気分になるくらい?何処のお店に行っても使えるクーポンがいっぱい掲載されていますからね。
それぐらい今やこの無料のクーポン雑誌と言うのは世の中に浸透してるって事なんでしょうね?

っで、話しは今よりも~っと昔なんですが、日本でも まだ今の様にクーポンなどが出回っていなかったころ、唯一?世間に各種企業のいろんな店舗で利用可能なクーポン冊子・・・という触れ込みで「チェック&チェック」と言う本タイプの冊子が毎年1回発行されていたのをご存知でしょうか?
もしかしたら親の世代、さらにその上のおばあちゃん、おじいちゃんの世代かも知れませんね?
僕も子供のころ親が持っていたような記憶があるのみなんですが・・・( ̄▽ ̄;)

参考までに・・・ CHECK&CHECK CLUB

ちなみに今では違和感が有るかも知れませんが、これは有料の冊子です。
この本の売りは、単にクーポンの寄せ集め・・・と言うことではなく、このクーポン冊子の読者に選ばれて評価されたお店が厳選されて掲載されるという部分なんだそうですが、そうでなくとも当時こういったクーポンブックと言うものは世の中にあまり存在せず希少価値のある内容だったと思います。

・・・っで、長~い前振りの後にようやく話しをニュージーランドに戻します。(笑)
上の様に書いてみると、まさにニュージーランドのサービス業界の歴史は日本の何十年か遅れで進んでいるのかなぁ( ̄▽ ̄)。o0○っと言う感じなんですが、このチェック&チェックと同様のクーポンブックがこの国でニュージーランド人に愛用されています。

Entertainment Books(エンターテイメントブック)
※NZ$65、毎年1回発行

内容は日本のチェック&チェックが飲食系だけを対象にしているのと違い、こちらはレストラン、カフェ、ファーストフード、テイクアウェイ屋さんを含む飲食系がメインではありますが、動物園、遊園地、水族館、映画館などの施設、ラグビーを始めとする各種スポーツの試合、ホテルの宿泊にレンタカーなどなど色んなジャンルを網羅しています。

肝心の割引に関してですが、掲載内容は全て25%引き~50%引きか2for1(2つで1つ分の値段)になってるようです。
恐らく一番皆さんが気がかりなのは「$65払ってまでこのクーポンブックを買う価値が有るのか?」に尽きると思うんですよね?( ̄▽ ̄)。o0○
そりゃあ・・・前回お話したタダのスーパーのレシート裏クーポンと同じ様には考えれ無いですよね?

僕の個人的な考えとしては「確実に使うアテが有り、このクーポンブックを買う事によって元が取れる」算段が付くんで有れば買っても良いかな?・・・っと。
先のサイトを確認してもらえば使用出来る店舗の一覧等も例で出ているんですが、高級レストランも多いし結構金額が大きい内容のものが多く掲載されてる感じがするので、アテがある場合は逆に元を取り易いとも言えると思います。

最後に・・・
じゃあニュージーランドにはホットペッパーの様な雑誌はまだ無いの?っと言うと、実はちゃんと存在します。(*^O^*)
雑誌MJは昔は普通の無料日本語雑誌でしたが、現在は装いも新たに無料クーポン雑誌として毎月発行されています。
雑誌自体はニュージーランド国内の主に日本人向けインフォメーションセンターやジャパニーズレストランに置かれていると思いますが、便利な事に・・・
ウエブサイトも有るんですよね♪
「MJ COUPON」

Entertainment Booksに比べるとまぁ割引率は些細な内容ですが何と言っても無料ですからね♪
日系のお店にかなり偏ってはいますが、それはそれで使い方が有ると思います。
いすれにしましてもMJもEntertainment Booksも使い方を考えて、安くなるから使うと言うのでは本末転倒ですからね。
「自分が使う時に更に安く使う♪」っと考えて、お得に行きましょう!

ニュージーランドってやっぱり遅れてるんですね?と気付いてしまったあなた・・・
良ければついでにポチっポチッと応援クリックをお願い致します! (*^O^*)

人気ブログランキングへ
ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

次回は 「ニュージーランドで空港への手段 お得な方法とは?」 です。
                

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

スポンサーリンク




〓 無料レポート 〓

★ マイレージの無料レポート
1円も使わずに
ANAマイルを貯める方法?
詳細はレポートで!

■無料レポート:
「1円も使わずにANAマイルを貯める方法」

■無料レポート:
「1円も使わずにJALマイルを貯める方法」

検索フォーム

運営者情報



運営者情報はこちら

無料レポート